2015 SHIMANE Week in Vladivostok!

Shimane島村抱月「藝術座」
ウラジオストク公演100周年記念演劇祭
◆出演:NPO法人 創作てんからっと
◆日時:2015.9.20 (日)
18:30 開場 19:30 開演
①朗読劇 「三つのかばん」(美崎理恵 作)
②「結婚の申込み」(チェーホフ作・芸術座上演脚本)
◆会場:プーシキン劇場
(プーシキン通り27 TEL:2-22-98-50 )
◆主催:島根県
2015 SHIMANE Week in Vladivostok!
(島根県&沿海地方友好交流プログラム)
※入場は無料です
沿海地方のみなさまと島根県との友情を一層深めるため、
演劇公演を行います!ぜひご来場ください!
ロシア連邦沿海地方の皆さま。
島根県と沿海地方とは、1991年に「友好交流の覚書」を交わして以来の友
好関係にありますが、本当はもっと以前から、芸術を通じた交流がありました。
1915年12月、島根県出身の演出家、劇作家の島村抱月(しまむらほう
げつ)は、自ら主宰する劇団「芸術座」を率いて、「プーシキン劇場」で公演を
行いました。抱月は、トルストイの「復活」など多くの作品を日本で初めて上演し
た人物です。
2015年は、抱月のウラジオストク公演から100年です。
この記念すべき年に、100年前と同じプーシキン劇場で、島根県の劇団
「NPO法人 創作てんからっと」が演劇を披露します。
芸術や文化の交流を通じ、より一層友好のきずなが深まれば幸いです。
ごあいさつ
2015年9月8日
島根県環境生活部文化国際課長 坂本偉健
朗読劇 「三つのかばん」 (美崎理恵 作)
パンパンに膨れ上がったリュックサックを背負い、はち切れそうなショルダーバッグふたつを両肩からクロ
スにかけ、三つのかばんに埋もれた小さな体は、まるで荷物が歩いているようです。
小学校に行くときも、遊びに行くときも、近所に買い物に行くときも・・・どこに行くにも、その子は三つ
のかばんが離せません。
2011年3月11日、東日本大震災。この時代に生まれ、逃げることのできない現実という世界の
中で、必死に生きる少年と彼に寄り添う母。
そして二人を見守る叔母と、商店街のおじいちゃん、おばあちゃん。人々の温かい心に触れながら、
少年は一歩一歩、前に進んでいきます。
「結婚の申込み」 (A.チェーホフ作・芸術座上演脚本)
35歳のロモーフは隣家の娘に威儀を正して結婚を申し込みにやってきました。
なかなか結婚しない娘を気づかう父親は大喜びしますが、当人同士の話は思
いもよらぬ事態へと展開します。
100年前、島村抱月の芸術座が何回となく上演し、今も各地で舞台化され
ている 「結婚の申込み」 です。
偉大な劇作家、チェーホフ屈指の一幕喜劇に挑戦します。

download pdf document